スタッフコラム

2019年11月27日 yoshihisa.fukudome

感覚、知覚、認知という概念を知ったのは、臨床3年目くらいの頃です。 それまでは脳卒中患者さんのこれらの問題について、感覚が薄いくらいに考えていました。 恥ずかしながら…   臨床的にも同じ意味合いで […]

2019年09月18日 yoshihisa.fukudome

「学習と脳」という書籍をご存知でしょうか? 10年以上前に発刊された本で、著者は脳科学で有名な久保田競先生です。 Amazonリンク>>>http://u0u1.net/wfH0   いきなり […]

2019年02月09日 yoshihiro

あなたの担当するCVA患者さんのリハビリで、こんなことはありませんか?   「歩行時の下肢の振り出しが弱いため、下肢の振り出し練習を行うが、 なかなか歩行の改善につながらない」   このような場合、 […]

2019年02月05日 admin_ccra

From.CCRA 福留良尚   脳卒中後の多くの方が、病前と違った生活を余儀なくされます。 特に上肢に関しては、活動に参加することも難しく、補助手や見た目のみの改善(過剰な緊張が入らない肢位をとれる上肢)に留 […]

2019年01月21日 yoshihiro

CVA患者さんを評価するとき、あなたの挙げた問題点は何になっていますか? もしかすると、「麻痺側の随意性低下」となっていませんか?       この「麻痺側の随意性低下」は、捉え方によってポ […]

2018年12月30日 福田俊樹

突然ですが専門書あるあるです ・冒頭の数ページのみ良く読み込んでいる ・買っても中身を見ることなく部屋の隅にどんどん本が積み重なっていく   臨床での疑問や、自分のリハビリの幅を広げるために専門書を手に取った経 […]

2018年12月18日 admin_ccra

From.CCRA 福留良尚   以前、骨盤前傾のハンドリングについて記事を書きました。 要約すると以下の2点。 前傾位になることが重要なのではなく、その過程において動きがあることが重要 セラピストが操作、強制 […]

2018年12月12日 admin_ccra

こんにちは、CCRA関西地域講師の岡澤です。   CVAをはじめとする中枢系の研修会では、 クリニカルリーズニングという言葉は、比較的耳馴染みのある言葉でしょう。   しかしこのクリニカルリーズニング […]

2018年11月30日 admin_ccra

脳卒中のリハビリでも、その他の疾患のリハビリでも 歩行について介入する場面は非常に多いです。 今回は初めて歩行分析を行う際のポイントを紹介したいと思います。   正常歩行とは 動作の中でも歩行は最も研究がなされ […]

2018年11月18日 admin_ccra

From.CCRA 福留良尚   脳卒中のリハビリでは、患者さんの動きを引き出すためにセラピストによる「ハンドリング」が行われます。   この「引き出す」というのがポイントではないかと思いますが、正式 […]