脳科学

2020年02月03日 福田俊樹

前回のリハビリで良い動きができるようになったけど、 今日リハビリに入った時には元通りになっていて、また同じ所から介入する。   臨床で誰しもが一度は通る道だと思います。 どうすれば改善効果を持ち越して積み重ねて […]

2019年12月29日 福田俊樹

脳のことが苦手な方でも耳にしたことがあるブローカ野、 ご存知失語の責任病巣です。   ブロードマンが大脳皮質の神経細胞を染色し、 組織構造別に区別して1から52までの番号を振ったブロードマンの脳地図はとても有名 […]

2019年12月01日 福田俊樹

中枢神経疾患に関わっていると、一度は耳にした言葉かと思います。   自分自身の身体についてのイメージであることは何となく分かりますが、 具体的にはどんなイメージを指していて、 それがリハビリにどう活用できるのか […]

2019年11月27日 yoshihisa.fukudome

感覚、知覚、認知という概念を知ったのは、臨床3年目くらいの頃です。 それまでは脳卒中患者さんのこれらの問題について、感覚が薄いくらいに考えていました。 恥ずかしながら…   臨床的にも同じ意味合いで […]

2019年11月03日 福田俊樹

前回は左片麻痺の方に多い、半側空間無視についての考え方、介入方法の一例について紹介しました。 >>>右片麻痺と左片麻痺その1〜半側空間無視について〜   今回は右片麻痺の後遺症者の特徴について紹介したいと思いま […]

2019年09月18日 yoshihisa.fukudome

「学習と脳」という書籍をご存知でしょうか? 10年以上前に発刊された本で、著者は脳科学で有名な久保田競先生です。 Amazonリンク>>>http://u0u1.net/wfH0   いきなり […]

2019年09月03日 福田俊樹

右片麻痺と左片麻痺、 実際介入する際に考慮するのは利き手や非利き手のだけの問題ではなく、 右半球、左半球それぞれの特性を理解した上で介入する必要があります。   右片麻痺は左半球の、左片麻痺は右半球の損傷の影響 […]

2019年01月28日 yoshihisa.fukudome

From.CCRA 福留良尚   感覚、知覚、認知という概念を知ったのは、臨床3年目くらいの頃です。 それまでは脳卒中患者さんのこれらの問題について、感覚が薄いくらいに考えていました。 恥ずかしながら̷ […]

2018年11月10日 admin_ccra

発症後、時期別における神経可塑性のメカニズムのシリーズ最終回です。 第一回 →急性期における神経可塑性のメカニズム 第二回 →回復期における神経可塑性のメカニズム   損傷してしまった脳細胞は元に戻らないと長い […]

2018年10月22日 admin_ccra

From.CCRA 福留良尚     一昔前、脳卒中によって麻痺が出現した手足を患側、そうでない側を健側という言い方をしていた。   今は表現が変わり、麻痺側と非麻痺側という言い方が主流にな […]